第二子 妊娠中 過ごし方

【第二子妊娠中の過ごし方】過ごし方で子供の性格が変わりました

第二子,妊娠中,過ごし方

 

わたしが一人目を妊娠中の時は、不安になったりイライラしたり、
安心している日がないくらい毎日情緒不安定でした。

 

妊娠後期には、身近な大切な人が急になくなり、とっても悲しく毎日泣いていました。

 

そんな妊娠を終え、生まれてきてくれた赤ちゃんは、本当によく泣く子でした。

 

泣かない瞬間がないくらい、抱っこしても何しても泣き止まず、
夜の11時から朝の5時まで泣き続ける毎日でした。

 

ちょっとした音にも敏感で、なんとなく怯えた表情をしていたかもしれません。
3歳になった頃には、ようやく泣くことも少なくなってきていました。

 

わたしが妊娠中毎日気持ちが安らぐことがなかったからなのかと思い、
次は気を付けようと思いました。

 

そして二人目の妊娠。
出来るだけ毎日ゆったりした気持ちで過ごしました。

 

好きな音楽を聞き、気持ちよく歌ったり、お腹の子供に毎日絵本を読んであげたり、
たくさん優しく話しかけたりしました。

 

楽しい気持ち、嬉しい気持ちを常に言葉にしていました。
そして誕生した二人目の赤ちゃんは、穏やかで、表情豊かなとってもおとなしい子が生まれました。

 

とにかく育児が大変だった一人目ですが、
その分成長した姿がたまらなく可愛く、嬉しくも思います。

 

一人一人性格が違うのは当たり前ですが、
でも最初の子を、ゆったり安心した気持ちでお腹の中で過ごさせてあげられなかったことを後悔しています。

 

やっぱり、ママは大きな心でゆったり優しく子供を包んであげるのが一番なんだと思いました。