つわり 上の子 遊べない

【先輩ママ100人に調査】つわりで上の子と遊べない時はどうする?

 

妊娠がわかって嬉しい反面、やってくるのがつわり。どうしてもここを乗り切らなければなりません。いろいろと行動に制限が付いてくる時期ですから、上の子をどうやって遊ばせるかが問題になってきますよね。

 

こんなとき、先輩ママ100人はどうしていたのでしょうか。
アンケート結果をまとめます。

 

先輩ママ100人のアンケート結果

アンケート結果は以下の通りです。

 

 

 

第一位がDVDを見せることでした。つわりがひどく外出ができない場合、お家にいることになりますが、子供が夢中になるのはやっぱりDVDなどの映像のようです。録画したテレビやアニメのDVDを見せている方が多かったです。

 

一方で、休日など旦那さんがいるときには子供の相手を完全に任せてしまうようでした。平日遊びに行けない分、旦那さんに公園などに連れていってもらっているママが多かったです。

 

親に預けることができるのは近くに住んでいる場合だけですが、2割程度のママが子どもの相手をお願いしているようでした。そのほかにも、お家でままごと、プラレールをする、などおもちゃを使ってできるだけ子供が退屈しないように相手をしているママが多かったです。自分自身は横になっていても相手のできる遊びをしているようでした。

 

家の中で何とか過ごすママたちが多い中、公園に行ったり児童館に行ったりするママも少しデスがいらっしゃいました。ママ友との会話でつわりを紛らわすという意見もありました。たしかに、話していると少し楽になったりするときもありますね。

 

管理人ゆうこの場合

上の子が2歳になったばかりのころ妊娠しました。それまでは外遊びが大好きだったうちの子ですが走って行ってしまったとき追いかけることができないので、外遊びはほとんどしなくなりました。

 

先輩ママたちと同じく、遊びの大前提が「お家でできること」となり、ずっとベッドで横になっていました。よく遊んでいたのが、

  • DVD
  • 積み木
  • パズル
  • お絵かき
  • 絵本

などです。

 

DVD

先輩ママたちと同じく、DVDはかなり見せてしまっていました。子供も喜ぶし自分も休めるので本当に助かりました。ちょっと子供には申し訳ない気がしますが…

積み木

私は基本ベッドにいたので、ベッドの上を積み木だらけにして一緒に遊びました。高く積み上げたりはできませんが、横に並べて電車をつくったり、お家をつくったりして遊びました。動かなくてもいいので、楽にできるし、遊びの幅が広いのでおすすめです。

パズル

買ってきた当初はなかなか一人ではできなかったのですが、一緒にやってできたらたくさん褒めてあげると、喜んで一人でやるようになりました。今では完全に一人でできるようになっています。ここでおすすめなのはあまり難しいものをやらないことです。自分一人でできるようなレベルのものだと、ママも少し休めますし、お子さんも達成感を味わうことができて喜びますよ。

お絵かき

お絵かきはたださせるのではなく、ママが絵を描いてあげて、それが何かあてるゲームや、電車が好きなうちの子にはレールを書いてあげたら、その上におもちゃの電車をもってきて一人で遊んでいました。

絵本

横になりながらお気に入りの絵本を読んであげました。完全に横になってできることが絵本を読むことくらいかな?と思いますので、具合が悪い時には特におすすめです。

 

 

ただ、うちの子は一人遊びをさせようとすると、どうしても退屈して「ママ、ママ」とかまって欲しくなってきました。そこで逆に、一緒に遊んであげる中で「一人でやりたい」と思わせるようにするようにしたら、相手をしてあげることがぐんと楽になりました。

 

まとめ

「DVDばかり見せて子供に申し訳ない…」というのは、多くのママが感じていることのようでした。確かに少しかわいそうな気もしますが、今だけと割り切って、適度に頼りましょう。ママが無理をして体調が悪くなり、入院、なんてことになったら上の子との時間は激減します。それよりもいいですよね。

 

少しでも体調がいい日に、一緒に遊べるような遊びをしましょう。